PSO2(VITA)♪ゆきねこ♪のブログ

pso2(vita)にラッピーさんに会いに行くぞ~な日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況でし☆

お久しぶりデス!こんにちわ☆
ぷそもブログも少し休止ちぅな雪猫です。

各地40℃超えな所もあるとか。ちょこちょこ水分はとっていますか?冷房病もやですよね。

さてさてぷそは、ピアノの大会の為、休止してました。たまに倉庫は覗いたりしてましたが、しゃべったり、クエストしたりはできない気分だったので私と喋ったり会った人は運のいい人ですねっ!

先日本選終わりました。
なんとか最終、セミファイナル、いけました。クラスは書きません(≧ω≦)エヘヘ
同日にそのままファイナルなので、出れるだけでも嬉しいですね。ここまでこれたのは、自分だけの力じゃないな~と思います。日常でもぷそでも人や音楽に影響うけましたし、刺激を受けたと思います。話すなかで色んな考えの方とも話せましたし。

本選終わるまでまた、ぷそもブログも少し休止してまたピアノに集中しますが忘れないでねっ!




赤いやつに会いたいよ~。

知らない間にある緊急クエストもしたいよ~。

ストーリークエストもしたいよ~。・゜゜(>_<)゜゜・。


ま、まぁ、がんばりまし!
  1. 2013/08/12(月) 08:48:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ぜの~(>_<)

はい、タイトル通りストーリークエストの「終わりの始まり」なんとか、終わりました('◇')ゞ

なんかエコーさんの悲しさがせつにゃい(ノ_<。)

私ははじめてみたカスラさんに何となくドキドキしましたが(浮気者…うんキザっぽい人は実力伴っていれば大好きなのです…)

あまり時間はとれませんが、続き見たいのでできるだけ進めたいなとは思います。

サマーラッピースーツもゲットできましたし海岸も夏終わるまでには、着ていかなきゃ☆


さて8月中旬にピティナの全国あるので、こんな風にブログたまにしか更新しないかもです。夏休みだから友達と約束も増えまして(≧ω≦)

今日もダーツを誘われていったものの一位ならず…投げ方みんなかっこよいので見惚れます。私はクラゲみたいな…(謎

そのあとにアイスとか最高デスヨネ!ピアノの時間が増えると創作意欲が増したり、今の季節は夏ですがある出来事にリンクしたり、色んなブログみて何かを思い出したり、センチメンタルになるので。
一気に詩が増えました⑩⑪はコメントしようがないですね、暗い…。まぁ気分的に書きたかったのでスルーでも。

⑫はわりと見てる日常で、かわいいなぁと思いながら書きました。
独り言風味ですが、ほんわかしてくれると嬉しいデス。
さてさて、遊びまくったので、気合い入れてまた練習してきます~。


…こんないい加減でいいのかと思う雪猫なのでした。
  1. 2013/08/04(日) 17:45:29|
  2. PSO2 VITA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

言の葉(詩)⑫

「僕わね…」

僕には ちっちゃい ちっちゃい妹が いる
まだ 歩けないし 座れないし

毛も少ない
あー 泣かないで
だいじょうぶ

僕わね 君が大好きなの

毛がなくても

うまく食べれなくても
たまに僕を ふりまわしても

僕の大事な家で はじめてできた 妹だもん
発音が下手で 狩りも 上手にできなくても

僕わね 君が 大好きなの

僕の尻尾 触らせるのは 君だけ
パタパタしていても 怒ってないよ

コロンコロンと転げて 僕の尻尾を追いかけて 笑うから

枕みたいにのられても だいじょうぶ

僕わね 君が 大好きだから

たまにね 首が苦しいけれど

早く にゃーって鳴かないかな

早く 尻尾 生えてこないかな

早く 早く走り回らないかな



そしたら 君を 見回りに絶対 つれていってあげるのに

僕わね…
  1. 2013/08/04(日) 17:43:15|
  2. 詩だょ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

言の葉(詩)⑪

「笑顔」

笑う 笑う 儚げに

歌う 唄う 哀しげに

そんな顔 させたい訳じゃない

一緒に歩む道 望んでくれた

一緒に居て欲しいと 心から願った

言葉にするのは 恥ずかしい

態度に表すのも 何かが邪魔をする

一歩づつ 一歩づつ
君が近付いてくれたように

私もそれに 寄り添おう

過去は消えないけれど
あの想いは 忘れられないけれど
静かな水面のような 感情を

真っ白な君の笑顔が見たいから
  1. 2013/08/04(日) 14:01:56|
  2. 詩だょ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言の葉(詩)⑩

「誰が為の」

雑踏の中 微かな残り香

懐かしい 煙草の煙

風にのって かすかな 微弱な 君の思い出

喧騒の中 いつまで君を探すのだろう

ビルの窓辺に反射する朝陽

気だるい睡魔襲う 公園の木洩れ日の下

夕暮れの反射する校舎の横の路地裏

昼とは違う住人に閉ざされる 宵の街

どこを振り向いても 思い出に侵されるのに
そこにあるのは ただの残像

夕闇のカーブに消えた君は 永遠に戻らない

今日もあの時間に

今日も儀式のように 弾くのだろう

君の好きだった曲を

君のために
自分のために

誰の為の 鎮魂歌

誰の為の子守唄
  1. 2013/08/04(日) 10:47:25|
  2. 詩だょ☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。